にんにく卵黄は身体に良いと聞いたことがあるけれど、にんにくはニオイもキツそうだしちょっと…と言って敬遠している方も多いのではないでしょうか。そもそも、にんにく卵黄とはどういったものなのでしょうか。にんにく卵黄は、その名の通りにんにくと卵黄を原料とした、江戸時代の昔から南九州地方の家庭で親しまれてきた健康食品のことです。にんにくと卵黄を丹念に練り合わせて長時間炒ることにより、香ばしい黄金色の粉が生成されます。昔はこのように各家庭においてにんにく卵黄が作られていましたが、何しろ作るのに手間がかかってしまうということで、現在では手軽に飲めるカプセルや粉末が販売されています。


ニオイが気になる方は多いと思いますが、カプセルならニオイの心配はありません。また、食事と一緒に摂ることも可能で、薬ではないので副作用の心配をすることもありません。手軽に毎日摂取できるので、不足しがちな栄養素を手軽に補給できる便利なものなのです。さて、にんにく卵黄の効能には一体どのようなものがあるのでしょうか。にんにくと卵黄の両者の栄養素を活かした食品ですから、それぞれのもつ効能について説明したいと思います。まずにんにくの効能について。にんにくは、細菌を殺菌する作用、すなわち抗生物質のような作用があります。また、免疫力の向上やガンの防止作用もあるといわれています。さらには血中コレステロール低下や降圧作用、気管支炎や気管支喘息といった肺疾患の改善にも有効なのだそうです。次に卵黄の効能について。卵は良質なたんぱく質であることは言うまでもないのですが、コレステロールを気にされて摂取を控えている方もいらっしゃると思います。実は、レシチンという卵黄に含まれる成分が悪玉コレステロールを排除する働きを持っているのです。卵黄にはコレステロールよりもレシチンの方が多く含まれているので、むしろ卵黄を積極的に摂った方が良いといえるでしょう。


また、卵黄にはビタミンEが多く含有されています。ビタミンEは若返りの栄養素として知られ、体内の活性酸素を抑制する働きを持ちます。活性酸素はガンや動脈硬化などの生活習慣病の発生に関与するといわれています。他にも、肌のシミ・しわへの効果、更年期障害の改善、不妊症の改善などにも効果があり、女性に嬉しい栄養素といえますね。効能について詳しく説明しましたが、にんにく卵黄がたくさんの良い効果を持つことがお分かり頂けたでしょうか。皆さんもにんにく卵黄で健康的な毎日を過ごしましょう。