にんにくは数千年以上前からスタミナ食として親しまれてきました。古代では過酷な労働を強いられた人達がにんにくを食べて毎日を乗り切っていたそうです。日本の一般家庭でにんにくが食べられるようになったのは江戸時代になってからですが、現在でも元気がない時のスタミナ食としてかかせない存在になっています。にんにくの栄養成分を気軽に摂取できるサプリメントとしてにんにく卵黄が人気ですが、にんにく卵黄は、にんにくのニオイの元になっている70種類以上の健康成分を一粒に凝縮しています。にんにくの栽培方法にもこだわっていて、有機質で作った堆肥を混ぜ合わせながら3年かけて土作りをしているのでミネラルなどの栄養成分豊富なにんにくが生まれるわけです。


東北の厳しい環境で育てられたにんにくを使用したにんにく卵黄もあります。冬の間に栄養をたくわえ春になってから急成長する為、肉厚のにんにくに育ちます。そうやって育ったにんにくはかなりの大粒で重みがあります。外国産の物と比べて汁気やかおりも強いので一粒に凝縮されると最高のサプリメントになります。収穫した後に1ヶ月以上使って乾燥される事も栄養豊富な要因の一つです。にんにく卵黄にかかせない物として卵黄がありますが、当然こだって作られています。広大で清潔な環境で飼育されているので鶏が元気です。エサも自然で安全な厳選された物を与えている為、健康な卵を産んでくれます。時々栄養豊富な雪国育ちのにんにくを与えているのが面白い所です。健康に育った鶏が産む卵は黄身に弾力性があり、色艶も最高の物になります。味も濃厚でにんにく卵黄を作る過程で混ぜ合わせると生クリームのように滑らかになります。にんにくと卵を混ぜ合わせる時は空気に触れないように作業しているのでカプセルになった時に成分が損なわれる事がありません。胃液と同じ成分にカプセルを入れて溶け方をチェックしたりするなど品質管理が徹底されています。にんにく卵黄が多くの人に支持されているのは、にんにくの有効成分が一つのカプセルに凝縮されていて、毎日数粒摂取するだけで健康に過ごせる事が上げられます。


にんにく卵黄を手作りすると恐ろしく手間がかかる為、滋養に良い食べ物として受け継がれていた地域でも伝統が失われようとしてました。カプセルで気軽に摂取できる事は非常に幸せな事です。毎日の食生活が不規則で、栄養バランスが崩れている人はサプリメントという形で摂取する事を考えてみると良いでしょう。